2011神無月(10月)乙女高原星空観望会(10月28日・29日開催)その1 (2011年11月01日)

 
        001_1010_01.jpg
 乙女高原に登る途中(標高1,200メートル前後)がちょうど紅葉の盛り。いつもより早いような気もしますが・・・


002_1010_01.jpg   003_1010_01.jpg
 金峰山荘周辺は盛りをちょっと過ぎたところでしょうか。そんな状況での観望会となりました。今回は川崎天文同好会との共同開催ということもあり土曜日に的を絞って進めていきたいとおもいます。




 金曜日はまあまあのお天気でした(それでも透明度は良い状態の乙女の空に比べればいま一歩)。気温はマイナス2〜3℃、完全武装(マイナス10℃以下対応)では暑いぐらいの暖かい夜でした。もうちょっと寒くなってくれると透明度が増すんですが!それでも朝方4時過ぎまでガンバっちゃいました(汗)

前日のはなしはこれぐらいにして、早速土曜日に移らせて頂きます。この日は夜9時頃から予報では曇り。ご覧のとおり夕方までは上々の天気でしたがどうなることやら内心ヒヤヒヤ。今回はいつもにも増して初めてご参加下さる方が多数いらっしゃいましたので、初めての日ぐらい乙女の星空を満喫して頂きたいと願わずにはいられませんでした。



004_1010_01.jpg 005_1010_01.jpg 006_1010_01.jpg

          011_1010_01.jpg    012_1010_01.jpg

          013_1010_01.jpg    014_1010_01.jpg

008_1010_01.jpg 009_1010_01.jpg 010_1010_01.jpg
 昼間の青空に誘われてか、皆さん明るいうちに機材セッッティングも済ませていました。今改めて思い起こせば、今回の機材はいつも以上にバラエティーに富んでいました。屈折が少ないようでしたが、古いのから最新のものまで。いろいろな形式の望遠鏡で同じ天体を(しかも同じ夜に)覗き比べることは貴重な経験だとおもいます。私自信も楽しませて頂きましたし大変勉強にもなりました。



          015_1010_01.jpg
          日差しがなくなると急に冷え込んできます。



               016_1010_01.jpg
日が暮れても晴れていましたし、下り坂の天気予報のこともあり急遽予定を変更し、夕食を遅らせ少しでも長く観望できるようしました。結局夕食直前になっても良い空で、空腹であったにもかかわらず、後ろ髪を引かれる想いで食堂へ。


   
投稿者: 観望会スタッフ | この記事へのコメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: