2012年 8月 乙女高原星空観望会 (8月17日・18日開催)その1 (2012年08月23日)

 
 今回ははじめての試み、乙女高原ファンクラブさまと乙女高原星空観望会のコラボレーション企画です。まぁいろいろありましたが、地元の方々とのふれあいにより、この辺りの環境への理解が深まり、新しい視点が得られ、大変充実した時間を過ごすことが出来ました。これからその模様をレポートします。
 
         001_1208_01.jpg
 いきなり夕食風景から失礼します。 金曜日現地ではお昼すぎから断続的に雨が激しく降り、時に雷鳴とどろき雹(ひょう)まで降ってくる始末。時々ザァーっと激しく降ってくる雨にすっかり気勢を削がれ早々の夕食となりました。夜遅くには晴れ間もあるとの予報に希望をもちながらの食事です。


         002v_1208_01.jpg
 こんなときにはやっぱり機材談義に花がさきます! 屋外ではオ○ジ放談が夜更けまでつづいたそうです???
 

         004_1208_01.jpg
 昨夜はまったく見えなかった訳ではありませんが、湿気が多く満足な星見とはなりませんでした。今日(土曜日)も朝こそ薄日が差すお天気でしたが、早々に曇りだし昨日と同じように雨が降ってきました。雷も鳴りはじめ午後からの(乙女高原ファンクラブさんのお手伝い)作業が心配です。



         005_1208_01.jpg
 お昼ごはんを食べているころから小雨となり、無事お手伝い作業に出発です。我々観望会参加者の有志10名以上が作業に参加しました。今回は草原を散策するための遊歩道(写真左)に使う杭を作るお手伝いです。


         006_1208_01.jpg
 以前は既製品を購入していたそうですが、今は山にある間伐材を運び出し切りそろえ加工して使っているそうです。木の皮を剥くのは腐食防止のためだそうです。


         007_1208_01.jpg
 皮を剥き終わった丸太の(尖った)先端を火であぶり焦げ目をつけます。これも腐食防止のためとのこと。


         008_1208_01.jpg
 作業はあっという間に終わってしまいました!たいしたお手伝いにはならなかったにも関わらず、作業後には“トウモロコシ”と“桃”をご馳走になってしまいました。有難うございます!! ちなみにココ山梨で桃は皮ごと食べるものなのです。


   
投稿者: 観望会スタッフ | この記事へのコメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: